浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかって

浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調査が必要とする時間は減るので、調査代金はその分安くなるのです。
だからといって、浮気の日時を知っているにしても、見知っている人にお願いして写真撮影をお願いすると、ほとんど駄目でしょう。
知られずに証拠写真を手に入れるにはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。パートナーが浮気していると分かっても今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気している現場に直接行くことはやめるべきです。浮気の事実を突き止められると相手が逆ギレしてしまって、かえって、離婚という結果を招いてしまうかもしれません。それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。
さらに、不倫相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要になります。
どの人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。
 探偵が用いている追跡グッズとは 自分自身で買えるのかと言われたら購入することが可能です。追跡グッズは、一般にはGSP端末を用いるというケースがほとんどですが、誰でもネットなどで購入可能です。
車に載せているのをよく見るGPS端末は、車が盗難されたときに備えて搭載しておくものですので、いかなる人でも購入できるのは当然です。
自ら動くより、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。
探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。自ら浮気調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。しかし、相手を責めたてても浮気の事実はないと逃げられたら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。
そのためには、絶対確実な証拠が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です