探偵に依頼するなどし、浮気の証拠をつかんでしまい

探偵に依頼するなどし、浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。相手が浮気をしているのではないかと思った場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。でも、浮気の証拠を自分だけで収集しようと思っても、配偶者に発見されてしまう可能性はあるでしょう。
その原因はズバリ、あなたの顔を覚えているからです。
浮気調査の費用の節約には、事前にある程度自分で調査してから調査会社へ依頼することです。
調査と聞くと大変そうに聞こえますが、そんなことはありません。
パートナーの行動を毎日記録するようにすれば立派な調査なのです。毎日、仕事に出る時間、帰宅してきた時間、電話がかかってきたならば、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。
もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。
しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、仮面夫婦と化していたり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料を請求することができません。
慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、何歳であるか、何年結婚しているかなど全体的にみて裁判官が判断します。浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が明らかになった時、結婚生活を維持するかどうか決めかねますよね。そうならないように、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、よく考えておくことが賢明です。
法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。
探偵には悪いところがなくても、依頼者自身が焦ったりして、調査対象が警戒を強めてしまって浮気相手と会うのを控えたりして、うまく行かない事もあるのです。
探偵に依頼したからといって、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。
充分な調査が出来なかったときの費用についても、契約を交わす際に決めておくことが大事だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です