もし、貴方が不倫などに向き合うことにな

もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を要求しようとするのなら、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけない訳ですし、間違いのない、裏切りの数々を確保しなくてはなりません。貴方が、探偵に助けを求めるのならば、浮気の証拠をキッチリとした形で鮮明に写しだしてくれるでしょうし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を届けて貰えるのです。
探偵に浮気調査をお願いして、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。心から信用のできない人間と死ぬまで一緒にいるとなるとかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。
また、配偶者の不倫相手に慰謝料の請求をしておけば確実に別れさせることもできるはずです。
事前に成功報酬と言われていても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間だったとしてその3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功となってしまうのです。
実際には浮気していたとしても、その3日間だけ浮気が見つからなければ、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査期間を終えてしまい、成功報酬を請求されるのです。
ほんとに離婚してもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。
けれども1人で踏み込むと、さらに揉める可能性が高いので、できるだけ避けましょう。
あなたが信頼する人と一緒に行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。
心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵に依頼するのがベストだと思います。
探偵が行う浮気調査でも時には失敗することもあります。
探偵が浮気調査の専門家だとしても、失敗することが全くないことは全くありません。調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。それに、浮気調査実施中に不倫相手と接触しない場合には証拠を入手しようがないです。